中学入試 算数の難問の対処方法

中学入試における算数の難問の対処方法

中学入試において算数は苦手としている受験生も多くいますよね。
しかし実際のところ、中学入試での算数はしっかりした対策を立てれば攻略しやすい科目と言えるのです。

 

多くの算数は苦手な受験生に共通していえることは、生まれた時から才能やセンスがなければ解けるようにならないとか、公式や定理を丸暗記しなければならないといった間違った認識を持っているということです。
たしかに最低限の公式は覚えないといけませんが、実はきちんとした攻略法が存在し、その通りに勉強すればしっかりと得点することは可能なのです。

 

しかし、いくら対策を立てれば得点できるとはいうもののどれだけ勉強しても解けそうもないような難問と呼ばれる問題が試験に出題されることもあります。
このような問題はどうすればよいのでしょうか?
実のところ、中学入試に合格することが目標であればこのような難問は解ける必要がないのです。

 

それよりも重要なことは基礎から標準レベルの問題を確実に得点することです。
このような難問は周りの受験生も正解できません。
そこで得点できる問題を絶対に落とさないことが重要なのです。
しかし、他の科目が苦手で算数で点数を稼がないといけない、という受験生も多いですよね。その場合は、難問が出てきた場合に全部正解を狙いにいくのではなく、部分点をとりに行く、くらいの気持ちで臨んだほうがよいかもしれません。
くれぐれも気を付けたいのは、この難問にあまり多くの時間をかけすぎないことです。