中学入試と学校選びの方法

中学入試と学校選びの方法とは

中学入試の学校選びは、偏差値だけで決められるものではありません。
特に私立中高一貫校には、創立以来受け継がれた建学の精神があります。
人格形成の礎になる10代の6年間を過ごす場所ですから、その学校の理念をよく理解し我が子の性格や家庭の教育方針に合致しているかどうかを見極めることが大切です。

 

また、刻一刻と変わる時代のニーズに応えることは、学校経営にとって必要不可欠です。
外からは見えにくいものですが、指導方法の変革はどの学校でも行われています。

 

今年と6年後の卒業生の大学進学実績は、大きく変化している可能性があることも念頭に置いておきましょう。
中学入試を決めたら、志望校だけでなく様々な学校を見に行くことが大切です。

 

その機会として、学園祭、学校主催の説明会、在籍している塾主催の学校説明会があります。
学園祭は、その学校の雰囲気や生徒たちの生き生きとした姿を見ることができます。

 

イベントの主体が生徒なのか、保護者会なのか、学校なのかを見ることで、学校と生徒の関わり方を推し測ることができます。
受験をするお子さんには、学園の空気を直接肌で感じることで「自分が行きたい」と思える学校を見つける機会となり、勉強の励みになります。
保護者を対象とした学校説明会では、現在その学校がどのような目標を設定し、取り組みを行っているのか具体的な話を聞けます。

 

国公立大学の進学率を上げたい、留学制度を更に充実させたいなど、話を聞きに行ってみなければ知り得ないことが多くあります。
塾主催の説明会は内容が更に充実していることが多く、実際に授業中の学校内を見学し普段の生徒たちの姿を見るチャンスもあります。