中学入試と対策

中学入試とその対策について

世間一般では「お受験」とも呼ばれる中学入試、自分の子どもに少しでもいい教育を受けさせようと、中学入試を真剣に考えている親御さんもいると思います。
私立中学、特に「中高一貫校」を受験する場合は、入学後に子どもが落ちこぼれないように、しっかりと面倒を見る必要があります。
中学入試は、あくまで「スタートライン」に過ぎないことを念頭に置いておきましょう。

 

さて、中学入試の対策としてまずやっておきたいことは、「情報を入手する」ことです。
入学させたい中学の情報だけでなく、中学入試対策の塾に関する情報、さらに受験内容の情報など、様々な情報を入手する必要があります。
ただ闇雲に情報を入手するだけでなく、質の高い情報を多く入手することが大切です。
噂や憶測レベルの情報を鵜呑みにせず、信用できる人からの情報を参考にすると良いでしょう。
特に、身内に受験経験者がいる場合は、信頼出来る情報を持っているため、周りの人に比べて有利になります。

 

また、子どもを塾に通わせる場合は、塾選びも重要になってきます。
集団授業を実施する進学塾に通わせるのか、個別指導塾に通わせるのか、または家庭教師を依頼するのか、経済事情と自分の子どもの特性を考慮して、最良の選択をすることが重要です。
経済事情に関しては、塾の費用だけでなく、中学入学後の授業料や入学金、施設費など、様々な費用も考慮する必要があります。
どの私立中学も、初年度だけで100万円近くの費用がかかるため、ある程度の経済的余裕が必要です。