中学入試の時事問題

中学入試に出題させれる時事問題について

中学入試に出題させられる問題には、時事問題についてもあります。

 

まず、中学入試で出題されそうな時事問題の中でも、政治面の大きな局面があれば出される可能性が高くなります。
憲法9条の改正についても、一通り理解をしておくと良いでしょう。

 

次に、世界遺産への登録も良く出題される傾向があります。
前年度の登録された世界遺産を把握しておくことをお勧めします。

 

そして、社会保障制度の仕組みも理解が必要です。
消費税の増税は、出題される可能性が高いと言えます。
社会保障の仕組みを健康保険、年金保険、介護保険、失業保険、労災保険から理解しておくことも大事です。

 

さらに、日本人がノーベル賞を受賞した青色LEDについても理科から応用問題として出る可能性も高いと言えます。
また、皆既日食も出題されやすいので理解をしておく必要があります。
文章で丸暗記をするよりも、天体については模型などでそのメカニズムを充分理解していると、問題に対しても答えが出やすくなります。

 

このように、中学入試では前年度の時事問題が出題されるので、それぞれのポイントをしっかりと押さえた上で理解を深めておくことが大事です。
丸暗記をしても、少し問題の言い回しが複雑化をすると理解に苦しむので、時事問題についてもその成り立ちからしっかりと理解をしておくことが、中学入試の試験対策にもなります。

 

意外に、時事問題への対策が後回しになることもあるので、この分野もしっかりと学習をしておきましょう。