家庭教師 中学受験

ためになる中学受験の基礎知識

中学受験をする場合の注意点ですが、志望校をころころと変えないようにすることが大切です。
特に入試の直前の時期などに返ってきた模試の結果が、志望校合格率20%などであったりすると志望校を変更しようとする人がいます。
しかし、今さら志望校を変更してもいいことはないのです。特に中学受験は高校受験とちがって、合格率は低い世界なのです。
どうしても不安だという場合は、志望校を変更するのではなく、全落ちの危険を避けるために、より安全な学校をダブル出願しておくことです。
入試の結果によって、志望校を変更できるようにしておくのです。
事前に対策を練るなら中学受験情報局で学んでおきましょう。

 

ベースとなる志望校は変更しないで、併願作戦を行うことのほうがベターです。
安心感もありますし、より勉強に専念できます。
さらに、親が周囲の情報やインターネットの情報、ママ友からも情報などに惑わされてしまってはいけません。
インターネットなどではいろいろな情報がながれていますが、全てが正しいというわけではないのです。
特に入試直前の時期というのは、子供も精神的に追い詰められているものです。

 

そのため、普段は話し半分で聞いておけばいいという話でも、真に受けてしまったりするのです。
このような時期には、合格発表以外の情報はインターネットなどで見ないようにすることが大切です。
あまり情報をいろいろと入手してしまうと不安な気持ちが大きくなってしまうだけでいいことがありません。
中学受験に悪影響を及ぼさないことが必要です。
このような心配がある子には一対一で親身になって話を聞いてくれる家庭教師がオススメです。